2017年10月27日

イスに座ると座骨神経痛

腰痛に悩まされること1年と数ヶ月、、、
昨年は片足を引きずって歩くほどひどかったです

原因を考えると、、、
ジョギング、全力走などによる筋肉疲労と軽いぎっくり腰がそもそもの始まり?
仙腸関節障害だった?と勝手に推測しています
その後、回復してまた走り始めたのが今年の初め頃です
少し痛みがあったのですが、運動不足だろうと思い
かまわず走ってました(^^;;;
そして、10月から足がしびれるようになったのです
座骨神経痛?
yotu.jpg




■疑ったのは?
座骨神経痛は症状を指すので原因を特定する必要があります
検索で出てきたのは4つです
・腰椎椎間板ヘルニア(ようぶついかんぱんへるにあ)
・腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
・腰椎すべり症(ようぶすべりしょう)
・梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

私の場合、左側だけ痛みます
似たような症状で調べると、、、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の2つでしょうか?
このどちらか、または両方?



■なぜかイスに座ると痛む?
どういう訳か仕事が忙しくて長時間のデスクワークの時に痛みが増します
しびれと痛みは日ごとに悪化していきます
クッションをいろいろ試したのですが、、、どれも効果が無かったです
机を改良して立って仕事をしようかと真剣に考えました
ところが、自転車に乗ると痛みをあまり感じないことから
お尻とイスの設置面積に何か関係がありそうだと思ったのです



■結局?
自転車に乗ると痛みが少ないことから推測すると、、、
腰椎椎間板ヘルニアの可能性は低く、腰部脊柱管狭窄症の可能性が高いです

イスに座ると梨状筋(りじょうきん)が押されて座骨神経を圧迫しているのかもしれません
または、座ることで腰部脊柱管が変形して左の座骨神経を圧迫しているのかもしれません
更に、
体重が63キロから60キロほどに減ったことでお尻の肉が少なくなったことが原因かもしれません
または、腹筋が弱くなりお腹がたるんだことで腰椎が前に出てきて変形しているのかもしれません


梨状筋(りじょうきん)
rijokin.jpg
日本脊髄外科学会より

解決策は2つ
・自転車のサドルのようなイスを作る
・腹筋を鍛えて腰椎を元に戻す

ネットで検索するとありました! サドルタイプのイス!
注文しようかと考えたのですが、、、
イスの座る場所をサドルのような形にすれば良いのでは?(^^;;;

自作した筒状のクッション(硬め)
なぜか右側の腰が痛み始めました(^^;;;
なので使用を中止しました
cushion1.jpg

100均のビーズクッション
なかなか良いです
左右にあってお尻を支えるほうが良いのかな?
ただ、これって本来は首用なので破裂しないか心配です
(ポリ袋に入れて使用するとお尻がすべる)
cushion2.jpg

100均の200円筒型クッション(ゆるめ)
これなら破裂する心配がないです
自作の筒型よりも柔らかく、座った感じも良いです
ただ、すぐにへたります(^^;;;
cushion3.jpg


今は、、、
座り方や体勢によって多少のしびれ感はありますが
薬(コリホグス錠)を飲む必要も無いくらいに回復しています
強烈な痛みから重大な病気か?と深刻に考えて、引退も視野に入れてました(^^;;;

私の場合、
腹筋を鍛え、イスのクッションを変更することで腰痛は改善しています
posted by satoshi at 07:41| Comment(0) | 医学・医療・健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。