2018年06月16日

ハードディスクの廃棄

そのまま燃えないゴミとして出しても良いです
良いですが、、、データは残ったままです
その気になればデータを取り出すことができます
そんな暇な人がいるとは思えませんが、、、
ひょっとすると個人情報、IDやパスワード、恥ずかしい画像なども外部に漏れます
ハードディスクの中には個人を特定できる情報もあったりします

パソコンと一体なら
リサイクル業者や家電量販店に出せばデータの消去を行って廃棄してくれるようです?
ハードディスクだけだと、、、引き取ってもらえないと思います
seagate1.jpg




■フォーマット
フォーマットしてデータを初期化すれば良いのですが
別のパソコンと接続してフォーマットする必要があります
時間がかかり、けっこう面倒くさいです
(論理フォーマットではなく物理フォーマットは時間がかかります)



■分解
私は分解してそのまま燃えないゴミとして出します
10分ほどで終わります
ですが、、、専用工具が必要です



■Seagate Barracuda 340Gbの場合
今回はパソコンで使用していた340Gのハードディスクです
一昔前なら考えられないことですが、、、
500Gと1Tのバックアップディスクを持ってるので使うことはないでしょう
3.5インチのハードディスクはかなり大きいので
テレビの録画用として使うにはジャマです
他に使い道がないので廃棄することにしました


専用工具はスタードライバー(星型ドライバー)と呼ばれているもので
1000円くらいで売られてます
これがないと難しいです
seagate2.jpg

ビスは1か所だけ隠れていました
他のメーカだと2つ3つ隠れているかもしれません
全部で7か所です
seagate3.jpg


マイナスドライバーを横から差し込んで開けます
seagate4.jpg

もうこの時点でハードディスクは半分死んでます


念には念を入れるならドライバーでディスクに傷をつければ良いです
私はさらに分解してディスクだけ取り出しました
seagate5.jpg

きれいなので何か使い道はないか?と考えましたが、、、
やっぱり捨てます(^^;;;
posted by satoshi at 13:24| Comment(0) | ソフト開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。