2018年07月28日

刑事フォイル 第4シリーズ 第2話「生物兵器」 - Bad Blood -

原題は FOYLE'S WARで、AXNミステリィで放送されているのを録画して見ています
アメリカののドラマも悪くはないのですが、、、
繊細さや優しさに欠ける印象があります
第二次世界大戦のイギリスが舞台です
丁寧な演技と良く練られたストーリィと意外性、主人公フォイルの人柄も魅力的です
時は 1942年8月です
戦争の英雄が殺されます

ネタばれ注意!!
キーワードは、、、クェーカー教徒、トロカール、羊毛選別者病
foyle.jpg







■クェーカー教徒
キリスト教プロテスタントの一派であるキリスト友会のこと
17世紀にイングランドで設立された宗教団体
ピューリタン革命の中で発生した宗派で、教会の制度化・儀式化に反対し、霊的体験を重んじる
この派の人びとが神秘体験にあって身を震わせる(quake)ことからクエーカー(震える人)と俗称されるようになった
(ウィキペディアより)

ドラマでも平和主義を唱えていました
が、戦争に参加した人もいたようです
恥ずかしながら初めて聞く名前でした


■トロカール
お腹に差し込んで使う手術用の器具?
ドラマでは獣医が使用するということでしたが、現在では腹腔鏡用の手術に使われる器具も含まれるようです
これが殺人の凶器として使われました
金属製で先端が細く長いものでした



■羊毛選別者病
肺炭疽(羊毛選別者病)のことだそうで、肺から炭疽菌を吸い込むことで感染します
羊毛選別を行っていた人たちが感染したことによる病名だそうです
治療しなければ肺炭疽患者の全員が死亡と書かれていました(MSDマニュアル)

炭疽菌は土壌に生息、あるいは芽胞の形で存在し、またヒツジなどの動物の体毛にも土壌由来の菌や芽胞が付着して存在しており、世界中で分離される普遍的な自然環境の常在細菌である
(ウィキペディアより)
オウム真理教が炭疽菌を使ってテロを起こそうとしたらしいですが失敗に終わっています
アメリカのドラマではたまに出てきます
ワクチンもあったはずです



■感想
人物がしっかりと描かれ、その時代の町のセットも雰囲気があります
職業毎の人々の暮らしも伝わってきます
イギリスでは徴兵制に対して拒否することもできたようですが、臆病者として扱われたようです
果たして英雄は本当に英雄だったのか?
ウィキペディアでは「ストレプトマイシンは 1943年10月19日に単離された」と書かれています
残念ながらドラマの 1942年8月とは前後が一致ません
ちょうどこの頃から V1, V2ロケットが飛んでくるようになったはずです
ドラマでも話題になるかも?
posted by satoshi at 18:45| Comment(0) | 医学・医療・健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。