2019年02月27日

風向計を作りました

早い話が風見鶏のようなもんです
どこから風が吹いているかを知るためです
家の西側で風が舞っているような気がするので確認したいのです
隣近所に畑の土埃などをまき散らすことが無いように
加えて、時々やってくる大量のコバエの発生源を知るためにも

風力を知る必要は無いので、
取りあえずこんなイメージのものを簡単に作ることにしました
dwind1.jpg




■準備
100均でそろえたもの
・短いストロー
・A4の下敷き
dwind3.jpg

その他
・支柱    持ってたものを流用
・結束バンド 持ってたものを流用
・丸い土台  回転するストローの土台
・接着剤   目地シール、ホットボンド(グルーガン)
・爪切り   切り口を丸くするため
dwind5.jpg

dwind4.jpg

下敷きを切ってストローを付け、そのストローを支柱に通して回転する
という感じです



■下敷き
A4の下敷きを100均で買って、斜めに切ります
2枚できたので、2つ作る予定?
dwind10.jpg

切り口で手をケガすることがあるので爪切りで丸めます
結束バンドも爪切りで切ると良いです
dwind11.jpg


■接着
左右のバランスをみて重心位置にストローを接着します
目地シールで貼り付け
dwind12.jpg

dwind13.jpg

これだけだと雨で取れるかもしれないのでグルーガンで4カ所接着
すべてグルーガンでも良いのですが、、、丸みがあるのでなかなか難しいです
きれいに付かないし(^^;;;
dwind14.jpg

更に、ストロー中央の左右の下敷きに穴を開けて結束パンドで固定
dwind15.jpg

白いファイルを切って、ひらひらさせる尾びれのようなものを両面テープで付けます
たこあげののしっぽやスタビライザーのような効果を狙っています
先端は黄色いガムテープで目立たせようと思ったのですが、、、
黄色いガムテープが無かった(^^;;;
dwind17.jpg


■取付
ストローを支柱に刺してフェンスに取り付けます
ストローの上下は支柱に結束パンドを巻いて固定、回転部分の土台になる部品は球体のものを使います
フェンスに取り付けも結束パンドを使いました
dwind20.jpg

dwind21.jpg

■感想
風が舞っている?ように思えた場所に取り付けると、、、くるくる回転します
確かに舞っているようです、やっぱりね
北の風が家に当たり、場所によっては東の風になるということがわかりました
我ながらなかなかの出来映えです(^^;;;
切った残りの下敷きで2号機も作る予定です



2019.03.03 追記
2号機です
下敷きを半分切った残りで2号機を作りました
ほとんど1号機と同じです
南側と西側の2カ所に取れ付けてあります
dwind30.jpg
posted by satoshi at 18:06| Comment(0) | 庭・畑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。