2019年07月14日

ヘアーカッター 窓付きタイプ ブルー HC-FW26-A

IZUMI Cleancut ヘアーカッター 窓付きタイプ ブルー HC-FW26-A
アマゾンで 1983円
今まで散髪と言えば1000円カットでした(^^;;;
自転車で行ける QBハウスが3カ所あったのですが、、、
ここ国東市に引っ越してから1000円カットが無い!
わざわざ隣の杵築市まで行くしかないのです
hair_cutter1.jpg

hair_cutter3.jpg



■取りあえず
3000円くらいで普通に散髪すれば良いのですが、
何しろ40分以上もじっとしていることが耐えられません
10分ほどでカットしてもらえる安い散髪が私に合ってます
ですが隣の市まで行かなくてはならないので気軽にというわけには行きません
えり足や耳回りが長くなるとどうしても切りたくなります
そこで思い切ってヘアーカッターを買ってみました
hair_cutter4.jpg


問題はセルフでカットできるの?
1人で鏡を見ながらそれなりに仕上がるの?
きれいにカットできなくても良いです、そこまでは要求しません
なんとか見られる程度で良いです
hair_cutter5.jpg

hair_cutter9.jpg




■カット
細かい髪の毛が出ると予想して、、、すっぽんぽんで風呂場でカットです
頭を3つに分けて、カットしました
1.えり足、耳回り   20ミリ
2.後頭部、側頭部   40ミリ
3.頭頂部、前髪    60ミリ
アタッチメントを交換して長さを調整します
hair_cutter8.jpg

hair_cutter6.jpg

セルフカットはなかなか難しいですね
左手で髪をなで上げるようにして、その後ろからカッターで追いかける
この方法だとうまく切れます
10分ほどで終了
目に付く大きな髪の毛はゴミとして取り除いて、シャワーを浴びて流します
なんとなくコツをつかみました
hair_cutter7.jpg

と思ったのですが、
えり足の左右の端に切り残しがありました
切れてない!!
もう一度、えり足だけ10ミリで再カットしました
左右の端はどうしても少し残ってしまいますね(セルフだから?)
しかたないので電気シェーバーを使って整えました
(鏡を見ながらなのでかなり難しいです!)
耳回りも15ミリで再カットしました




■感想
仕上がりは、、、まあまあ?(^^;;;
思ってたほどひどくはないです
ただ、後ろは3段階の長さでカットしたのでよくよく見ると段差があります
説明書を読むとスキ刈りして段差を隠すように書かれてます
まぁ、いっかぁ
少し伸びてくれば隠れるでしょう
ヘアーカッターは水洗いできます!
が、水洗いよりもダストブロアー(空気など)で吹き飛ばすほうが簡単です
水洗いは髪の毛がくっついて取りづらいです
1回の充電で40分のカットが可能と書かれています
hair_cutter10.jpg

hair_cutter11.jpg

セルフでカットはできなくはないです
仕上がりにこだわるなら誰かにカットしてもらうのが良いです
更に3・4ヶ月〜半年に一度、散髪屋に行ってキレイにするとか?
そもそもヘアーカッターを買うくらいですから仕上がりよりも手軽さを求めているはずです
大きな期待をしない限りはこれでもなんとかなります
1000円カットなら2回のカットで元を取ります!
3000円カットなら1回でおつりが来ます!
そう考えると良い買い物かも?



■注意!
1000円カットよりも仕上がりは雑になります!
セルフカットならなおさらです
posted by satoshi at 09:43| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。