2019年12月14日

入力ミスと視力低下 パート2

歳とともに起こる入力ミスは避けられないでしょう
昨年にメガネのレンズを交換したばかりなので視力低下については様子見です
あとできることと言えば、、、
1.フォントサイズを大きくする
2.ディスプレイとの距離を縮める
3.ディスプレイを大きくする

1.2.は既に実行済みです
と言うことで3.のディスプレイを買いました(^^;;;
27インチのディスプレイです
BenQ01.jpg




そろそろ引退を考える歳なので安いのを探して、、、
BenQ GW2780 17600円でした
27インチだと 15000円台からあります
31インチも検討しましたが、、、さすがにでかい!
2台を横に並べるには大きすぎます


組み立て
BenQ02.jpg

台座の部分はなかなか頑丈に出来ていました
BenQ03.jpg

BenQ04.jpg

とても簡単に取り付けられました
BenQ06.jpg


今まで使っていた24インチと比較
当たり前ですが、一回り大きいです
24インチ 幅567 x 高さ438
27インチ 幅612 x 高さ463
BenQ05.jpg




■発色
良いです
薄いピンク色などがキレイに表示されています
今までは灰色だと思ってました(^^;;;
コントラストも良く、見間違い予防になると思います
見間違いの原因は乱視かな?と思ってましたがディスプレイの差もありそう?
BenQ08.jpg

BenQ09.jpg

■音
すごく良いです
音はあまり気にしないのですが、、、
かなり良くなりました
余韻があると言うか、響きます
スピーカーほどではないですが、前回のディスプレイより数倍は良いです


■自動輝度センサー
周囲の明るさに応じて輝度を自動的に調節してくれるようです
オフにしてます
画面下の突起はなんだろう?と思ってたら、、、
明るさを感知するセンサーでした


■感想
大きくなったのでディスプレイとの距離を少し遠くしました
5センチほど離しました
たかだか1.125倍(24インチから27インチ)ですが
視認性はかなり向上しました
見間違えや誤入力も減る事でしょう
こんなことで1・2日費やすのはもったないですから

メインのパソコン用として Windows10, VMWare+Ubuntuで使用です
隣のディスプレイは3年前の 21.5インチです
すごく小さく感じます
今はWindows7用になっています
使用していた24インチのディスプレイは隣のデスクに移動しました
Linux, Raspberry Pi用です
BenQ18.jpg
posted by satoshi at 11:17| Comment(0) | ソフト開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。