2020年03月27日

シイタケの収獲

1月から収獲してます
雨が降るとにょきにょき出てくるそうです
収獲と言っても私が作ったたわけでは無いです(^^;;;
親戚のシイタケ栽培の原木からもぎ取っただけです

シイタケ栽培には2種類あります
・原木栽培(げんぼくさいばい)
・菌床栽培(きんしょうさいばい)

東京で売られている生シイタケの多くは菌床栽培だそうです
shiitake.jpg

shiitake00.jpg


■収獲しても良いシイタケは?
裏側を見て膜が切れているものだそうです
大きいのもあれば小さいのもあります
シイタケのサイズは関係ない?らしいです
shiitake0.jpg

完全に開いたものは収獲して良いとわかりますが、
小さいものはもう少し待ったほうがいいのかな?と考えてしまいます
shiitake1.jpg

shiitake2.jpg


■原木
主にクヌギの木が使われるようです
他にはコナラ、ミズナラやカシの木も使えるみたいです
木を乾燥させてから、ドリルで穴を開け、シイタケの菌を打ち込みます
それから2年後にシイタケが出てくるということです
収獲できる期間は2年〜3年だそうです
shiitake4.jpg


■感想
原木を寝かしたり、立てたりします
直射日光はダメらしいです
雨があたる所、風通しが良く、水はけの良い場所、、、
加えてシカが食べるので対策として周囲に柵を作るなど
いろいろあるみたいです
shiitake5.jpg

収獲したシイタケは焼いて少しの塩か醤油が良いです
これが一番おいしいです
あと天ぷらもおいしいです
posted by satoshi at 08:30| Comment(0) | 薬草・毒草・植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。