2021年10月13日

聖護院ダイコン

先週末に種をまきました
種植えの時期は8月下旬〜9月下旬と書かれてましたが、、、
10月9日でまだまだ暑い日が続いているので大丈夫かな?
収獲は60日後だそうです ホントですか??
順調に育てば12月9日頃が収獲になります
以下、写真をクリックすると拡大されるはず
syogoin1.jpg

syogoin2.jpg

syogoin3.jpg


■耕す
家庭菜園は土を耕すことから始まります
わが家の土は粘土質で、あまり良いとは言えないです
苦土石灰と化学肥料をちょっとだけ
ところが耕す作業で腰を痛めました(^^;;;
準備運動をしないままクワで耕すとこうなります
これくらい大丈夫だと油断するとダメですね
syogoin5.jpg



■粘土質の土を改良
今までに牛糞堆肥、もみ殻は2度、入れました
依然として粘土質のままです
もっとたくさんの量のもみ殻を入れる必要があるのかも?です
なので根菜類の育ちは悪いです
唯一、ジャガイモだけはなんとかなってます
バーミキュライトが土壌改良に良いと聞きましたが、まだ試したことは無いです
syogoin6.jpg



■種まき
3つか4つほどの種を1箇所に植える方法は「点まき」と呼ぶそうです
いまだに理由がわかりません(^^;;;
そもそも間引きするくらいなら1箇所に1つでも良いはず
発芽率や育ちが悪いなどを見越して3つ植えるということらしいですが、
それをわかった上で「すじまき」でも良いはず??
syogoin7.jpg



■4日目
芽が出てきました
「すじまき」にしたのですが、発芽にムラがあります
加えて、こんなに発芽するとは思いませんでした(^^;;;
粘土質の土なのに??
このままだとダイコン同士がぶつかるので、間隔を開けるためにも間引きする必要があります
間引きは週末の予定です
syogoin8.jpg



■バーミキュライト
ホームセンター セブンで50リットルが951円でした!
大きな袋ですが、、、持つと軽いのなんのって
しかも安い!
畝の中央に追加で入れてやりました
ほんの気持ち程度ですけど、少しずつ土壌改良ですね
syogoin10.jpg

syogoin11.jpg
posted by satoshi at 18:29| Comment(2) | 庭・畑
この記事へのコメント
わが家の畑もミカンを植えていた時は赤土で粘土質でしたが野菜畑にする為に改良材は入れておりませんが牛糞堆肥を毎年入れております
Posted by 憲さん at 2021年10月14日 04:35
牛糞堆肥を毎年ですか、それくらい必要なんですね
3年ほど前に大量に入れて、義兄に耕運機で耕していただきました
あとはもみ殻をまいてます
親戚からはいろいろアドバイスをいただくのですが、そもそも粘土質の経験がないみたいです
なので対策案は人それぞれです(^^;;;
お店の人にはバーミキュライトを勧められました
5年以上はかかると覚悟してます
Posted by satoshi at 2021年10月14日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。