2023年04月09日

らんまん バイカオウレン

第1週は「バイカオウレン」と書かれていました
石神井公園で2017年3月1日に撮った写真です
漢字では梅花黄蓮だそうです
記憶が定かではないですが、背丈は10センチほどの小さな植物だったと思います
キンポウゲ科と書かれていたのでひょっとして有毒かも?
漢方の黄連解毒湯(おうれんげどくとう)に使われるようです

15分にまとめられた土曜日のダイジェスト版で見ました
baikaoren.jpg
posted by satoshi at 08:10| Comment(2) | 薬草・毒草・植物
この記事へのコメント
バイカオウレン キンポーゲ科なんですか
初めて知りました
キンポーゲ科のものには全て毒があるのでしょうかねーわが家では今アネモネが満開なんですがね🙄
Posted by 憲さん at 2023年04月10日 04:46
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アネモネ
毒成分 プロトアネモニン
毒部位 全草、汁液
毒症状 皮膚炎、水泡、化膿
全草にプロトアネモニンを含む。茎を折ったときに出る汁に触れると皮膚炎・水泡を引き起こすことがあるので、園芸時には注意が必要である。
ウィキペディアより
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
だそうです
すべて調べたわけではないですが、キンポウゲ科は有毒植物という印象です
と言うかアネモネがキンポウゲ科とは知りませんでした(^^;;
かわいらしい花ですけど有毒なんですね
Posted by satoshi at 2023年04月10日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。