2013年05月06日

薬用植物園(2013.05.05)とケシ

「あへん法」で栽培が禁止されているケシです。
そろそろ咲く頃かな?で行ってみました。
3分縲怩T分咲きでしょうか。
3・4日後くらいが満開でしょう。

普段は2重のフェンスで守られていますが、、、
5月1日縲怩T月24日まで外側のフェンスが解放されます。
午前9時半縲恁゚後4時までです。
2914.jpg

2日間だけ内側のフェンスも解放されるようです!

内側のフェンスも解放される日
5月8日と5月15日の2日のみ
午前9時半縲恁゚前10時 先着70名まで
だそうです。
2915.jpg



お昼はパンではなく寿司でした。
2916.jpg



アップで写すと表面は和紙のようです。
触ってみたいですね。
2917.jpg


毛玉のような種類もあります。
2918.jpg
2919.jpg


目に焼き付くような赤が印象的です。
2920.jpg
2921.jpg


こんな実から採取されるのでしょう。
パンなどに使われるケシの実(ポピーシード)もこれの仲間です。
麻薬成分はほとんどないらしいです。 本当かな?
粒か小さいのであったとしても、、、??
2922.jpg



カマヤマショウブ
ハナショウブの種類ですが、茎が細長いです。
咲くのが早いですねぇ
2923.jpg


カミツレ(カモミール)
4000年以上も前から薬用として利用されたようです。
特有の粉っぽい香りがします。
ノドに響くような? けばだった香りです。
花を摘み取り乾燥させます。
ハーブティーとして利用されていますね。
入浴剤としても使われます。
2924.jpg



クマバチ
その黒々とした大きさと、響くような羽音で本能的に身をよけぞってしまいます。
ですが、オスは針を持っていません。
人間を無視して花に夢中です。
こんなに近寄って写すことができます。
温厚で優しいハチというのが私の印象です。
2925.jpg



園内の360度パノラマ写真です。
クリックすると拡大されるはず?
奥行きがあり、実際はこの2倍から3倍くらいの広さです。
白いテーブルでお昼を食べてます。
青いフェンス内でケシが栽培されています。
2926.jpg
2927.jpg

posted by satoshi at 07:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 薬草・毒草・植物
この記事へのコメント
こんばんは。
ケシの花、見事に咲いていますね。
本当にきれいな花ですね。

私も閉園間際に駆けつけた時、内側のフェンスの中に入れて貰ったことが有ります。
ドキドキしながらシャッターを切った記憶が甦ります。

園内のパノラマ写真、良いですね。
私がいた頃よりもきれいに整備されている様ですね。

お稲荷さん、関東では俵型に包んでいますが、関西では三角形なんですよ。
お揚げさんの色も薄めで、味付けも少し甘めでしょうか。

それにしても美味しそうですね。
Posted by Yuuko at 2013年05月07日 00:06
おはようございます。
さすがに内側のフェンスの中には入ったことが無いです。
入れるのは2日間だけ、しかも平日水曜日の早朝なので。。。ちょっと無理かなぁ?

昔の写真があれば見比べることができますね。
ずいぶん変わりました!
パノラマ写真の中央に「ふれあいガーデン」ができました。
白いテーブルや自動販売機が置かれ、小さい苗木などが売られてます。
かなり安く売られてます。
ログハウス風の販売施設もできました。
雨が降るとぐちょぐちょになっていた道もほとんど整備されました。
裏にあった古いトイレを取り壊し、入り口に新しいバリアフリーのトイレができてます。
裏の林地はうっそうとしてましたが、今はきれいになってます。
残念なのは、、、
以前は入れた場所が柵をして入れなくなった箇所がいくつかあることです。
でも、人はたくさん来るようになりましたよ。

いなり寿司、岡山でも三角でした!
色も薄かったです! 味も甘かったです!
Posted by Satoshi at 2013年05月07日 07:31
こんにちは。
トップページの「ヒマラヤの青いケシ」一度、間近で見てみたい花です。

この時期でなければ見られないケシの花々ですから、関西在住の私が見る為には、本当に計画を立てて上京しないと見る事は出来ないですね。

しかも内側フェンスの開放日目的なら、前日に東京入りしておかないと、先着70人というのは時間的にきついですね。
Posted by Yuuko at 2013年05月08日 12:08
こんばんは。
「ヒマラヤの青いケシ」と「大阪」で検索すると。。。
「大阪の植物園 咲くやこの花館」では1年中咲いている?みたいですよ。
1年中咲かせるって大変なことでしょうね。
http://www.sakuyakonohana.com/alpine%20house.html

鶴見緑地?って場所がよくわからないのですが。。。
入館料が500円ということで大阪にしてはちょっと高めでしょうか?
1年間のパスポートもあるようです。
東京へ来て見るより、いっそのこと現地ヒマラヤへ行かれてはどうでしょう?
ついでにヒマラヤ登山とか(^^;;;
チベット仏教や砂で描く曼荼羅も興味深いですね。
禁止されているケシも現地なら手にとって見ることも?
Posted by Satoshi at 2013年05月08日 22:52
こんばんは。
アララ!
灯台もと暗し!!

「咲くやこの花館」にあったんですね。
以前、世界最大の花として有名になったラフレシアが展示された「大阪花の博覧会」の会場跡地・鶴見緑地公園内にあるみたいです。

家からだとJRと地下鉄を乗り継いで行ける様ですから、その気にさえなれば行けますね。

梅雨に入る前に一度行ってみようかなぁ……と思います。

チベットですか……。
飛行機じゃないと行けませんよねぇ……。(^_^;)
Posted by Yuuko at 2013年05月09日 00:41
おはようございます。
「咲くやこの花館」は「大阪花の博覧会」跡地でしたか。
庭園はあるようですが、ガラス張りの温室・冷室なのですね。
鶴見緑地公園は広そうですね縲F
面積約120ヘクタールだそうです。
新宿御苑が58ヘクタールですから、、、約2倍ですかぁぁ。
すごく大きいです!
私も一度行ってみたいですねぇ。
Posted by Satoshi at 2013年05月09日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68068934

この記事へのトラックバック