2009年12月06日

「そば」と「そばつゆ」と「薬味」と「そば湯」と「ルチン」

そばつゆは何をお使いですか?
市販のそばつゆにはストレートと濃縮があります。
どちらも似たようなもの?
435.jpg

そばの効能は?
そばにはルチンが多く体にもいいと言われています。
中でも中国のダッタンそばには100倍のルチン!?

そば湯って何?
せっかくですからそば湯を飲んで下さいね。

●そばつゆ(つけ汁)と薬味
濃さ・辛さ・切れ・風味とか言われますが、、、細かいことはわかりません。
濃い口と薄口、辛口と甘口、ねっとりとさっぱり、出汁の風味など。。。
はっきり言って好みですね(^^;;;
お店によっては濃い口と薄口の両方が出てくるところもあります。
たまぁに、塩が出てくることも。。。
436.jpg

自宅でそばつゆを作る場合は、、、
かなり面倒ですし場所も取ります(^^;;;
作るのが面倒な場合は市販のストレートタイプがいいです。
濃縮タイプの場合は水で薄めるのではなく、だし汁で薄めるといいでしょう。

そばにたっぷりつけて食べる方、ほんの少しだけの方。
これもいろいろですね。

薬味もいろいろありますね。
ワサビ、辛み大根、七味、刻みノリ、ウズラの卵、とろろ、ゴマなど。
これも好みですね。
437.jpg

438.jpg

439.jpg

440.jpg

443.jpg

ワサビも本ワサビ、練りワサビ、チューブのワサビとあります。
本ワサビは辛さと風味が違います。 チューブのワサビはかなり辛いです。
ワサビの代わりに辛み大根を出す所もあります。
また、ネギだけの所もありました。 ワサビは別料金でした。
441.jpg

442.jpg

私はそばをそのまま食べて、そばつゆにちょっとだけつけて食べて、
その後でワサビを少しだけ入れて食べます。
3回楽しめます。
ネギは入れません。(ネギはそば湯を飲む時に入れてます)


●そば湯
そばを茹でた後のお湯のことです。
お店によってはそば粉で別に作って出してくれる所もあります。
別に作って出してくれるお店ではスープのように濃いそば湯を飲むことができます。
自宅では、残ったお湯の上の半分くらいは捨てて、底の濃い部分を使います。
残ったそばつゆにそば湯を入れて飲むのもなかなかいいですよ。

そば湯は食べ終わる頃に持ってきてくれますが、、、
忘れられている場合は、お願いすれば持ってきてくれるはずです。

別に作られた濃いそば湯
445.jpg

そばの実が入ったそば湯
446.jpg


●ダッタンそば(韃靼そば)
中国の山岳地域で育てていた苦そば(にがそば)です。
ダッタンそば粉でそばを打つと黄色のそばができます。
449.jpg

そして、味はかなり苦いです。
そば粉に1割縲怩Q割ほど混ぜて食べるのが一般的ですね。
わが家で4割ほど入れて食べましたが、かなり苦かったです。
447.jpg

そば湯も鮮やかな黄色になります。
448.jpg

普通のそばの100倍以上のルチンが含まれているそうです。


●そばに含まれるルチン
血管を強くします。 血管を収縮させる作用があるようです。
血液の流れを良くしますので高血圧の予防になります。
そして、血圧を下げます。
冷え性や肩こりにも効くようです。

そばを茹でる時に何割かのルチンも流れ出てしまいます。
ですから、そば湯を飲むことで効果は更にアップします。
是非、そば湯も飲んで下さい。

そばを食べて、そば湯を飲んでいるとポカポカしてきませんか?
なぜか体が温かくなってきます。
即効性があるとは考えにくいのですが。。。ひょっとしたら?
444.jpg

そばアレルギーの方がいらっしゃいます。
体にいいからといって他人に勧める場合はアレルギーに注意して下さい。


●そばカリントウ
そば打ちを失敗してしまった時は、、、これがお勧めです!
今では失敗しなくてもわざわざカリントウのために作ります。
低温の油で揚げて塩をパラパラ振りかけるだけ。
そばの香りがプ縲怎唐ニしてとてもおいしいです。
450.jpg

451.jpg

posted by satoshi at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | そば
この記事へのコメント
こんばんは
最近特に感じるのですが、何でも既成の物が出回って、そういう意味では基本の割合を知らなくても、お蕎麦が食べられるし、便利な時代になったと思います。昔は一からだしをとって「さしすせそ」の調味料で味付けしたものです。と言うと随分年寄りのようだと
お思いでしょうが、ここがちょっとだけこだわりの部分なのです。
さりとて、お蕎麦を打つとまでは行きませんが。。。
だったん蕎麦茶は飲んだ事があります。ルチンが100倍とは驚きですね。血管を強くする。高血圧に良いと聞けばこれから意識してお蕎麦を食べるようにしなくてはと思いだしています。
我家ではお蕎麦を茹でると直ぐに「天ぷらそば」になってしまいます。本当の蕎麦を味わうのはつけそばでなくちゃ分かりませんよね?
Satoshiさんのブログのお陰でいろいろな事が学べます。感謝です。
Posted by オレンジ干し柿 at 2009年12月11日 23:18
おはようございます。
「天ぷら」と「そば」ってなぜか良くあいますよねぇ。
「さしすせそ」は何度も聞くのですか、、、
「し」は塩だとすると「せ」は?と思ってしまいます。
醤油は「せうゆ」と言うのがなんとも覚えにくいですね。
「そ」だけは「みそ」の「そ」と言うのも。。。
そばつゆには酒やみりんも入りますね。
今時は、、、
「こしょう」「ラー油」「タバスコ」「マヨネーズ」
なども入れて、、、「こらたま」??

ダッタン蕎麦は中国の高山地域のやせた土地で栽培されているそうです。
主食がダッタン蕎麦で、パン?のようにして食べると聞いた事があります。
健康のために食べてるというよりも、やせた土地で精一杯の食べ物という印象です。
アンチエイジングはいろいろ掲げられていますが、、、
世界で共通する意見が1つだけあります。
先進国で食べられている量を3割減らすことだそうです。
「腹八分目」というのはいつ頃から言われるようになったのでしょうね?
昔の人ってすごいと思います。
Posted by Satoshi at 2009年12月12日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68125282

この記事へのトラックバック