2014年03月08日

昭和の自然遊び

子供の頃、裏は山でした。
目の前は、墓場でした。
隣は、盲学校でした。
今から思うと、、、なんという環境だったのでしょう!

昔を思い出して書き出してみました。
植物では、、、ツクシ、ヨモギ、カキ、タンポポ、クリ、などなど
昆虫では、、、チョウチョ、トンボ、セミ、カブトムシ、などなど
いろいろな自然があったんだなぁ〜と。
sowa1.jpg





●ツクシ取り
 なぜか食べた記憶はないのに取りに行った覚えがあります
tukusi.jpg


●ヨモギ取り
 探さなくてもそこらじゅうにありました
 ヨモギ餅は今でも大好きです
 つぶして傷口に塗ったりしてたのは、、、止血作用があったからです
yomogi.jpg


●カキ(柿)取り
 竹の先を割り、カキの枝に刺してひねって枝ごと折って取ります
 干し柿には渋柿を使うというのを知ったのは大人になってからです
kaki.jpg


●タンポポの種飛ばし
 一気に吹き飛ばすのが面白かったです
tanpopo.jpg


●スイカの種飛ばし
 スイカを食べながら種を遠くに飛ばします
suika.jpg


●レンゲ飾り
 女の子が頭に飾ったりしてました
renge.jpg


●イタドリ
 子供の頃はスッポンと呼んでました
 折るときの音がスッポン?
 酸っぱくておいしくなかったです
 塩を付けて食べる人がいたような?



●栗拾い
 裏山が栗畑と桃畑でした
kuri.jpg


●オオバコ綱引き
 1本の茎をお互いに絡ませて引っ張りあい、切れたほうが負け
oobako.jpg


●ススキの葉飛ばし
 中心の軸を避けて、葉っぱに切り込みを入れて矢の形にします
 先端の両サイドを少し折り曲げて、左の指ではさんで固定します
 右手の人差し指で前へ押し出すと、、
 矢の形とになって遠くへ飛びます
 説明が難しいなぁ(^^;;;

 ススキの葉でよく手を切ってました
 スパッと切れるんですよねぇ
susuki.jpg


●ひっつき虫、くっつき虫
 オナモミの実を投げてセーターにくっつけて喜んでました
 これがよくくっついて取りづらかった
 これをヒントにしてできたのが、マジックテープだったかな?
oanamomi.jpg


●笹舟
 1枚の笹から舟を作り川に流して競争



●松葉舟
 1本の松葉を取り、先端にマツヤニを付けて水に浮かべると
 スイスイと動き出します
 初めての時はとても不思議でした!
matu.jpg



■捕まえてた昆虫や魚
トンボ、チョウチョ、セミ、カブトムシ、クワガタ、カナブン、カエル、ヤスで突いて魚取りなど
アブラゼミなどは手の届く範囲にいっぱいいましたが、、、
ヒグラシは見付けるのも取るのも難しかったです。
針金を丸くして木の先端に取り付け、丸い針金にクモの糸を巻き付け、それにくっつけてセミを取ったことも
tyou.jpg

tonbo.jpg

semi.jpg

kaeru.jpg

思い出すと、、、いろいろありましたね
posted by satoshi at 07:45| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。