2014年03月11日

ボディ・オブ・プルーフ( Body of Proof ) 13

第13話 悲しき刻印 "Hard Knocks"

心電図は遠い昔に勉強したのですが、、、
良くわかりませんでした(^^;;;
今でも覚えていることは、P波、R波、T波くらいです。
body.jpg

キーワードは、ADHD、クラインフェルター症候群、再分極、心臓震盪(しんぞうしんとう)

ネタバレ注意!!







■ADHDの薬
ADHDとは注意欠陥多動性障害のことです。
その薬としてドラマではカプシアス?と呼んでましたが、、、
調べてもわかりませんでした。
多分、覚醒作用のある薬だと思います。
うつ病にも使われるリタリンのような?



■クラインフェルター症候群
性染色体は、男性がXY、女性はXXです。
性染色体がXXYとXが1つ多いことで起こる症状のこと。
この他に、、、
X染色体が1本しかない場合は、ターナー症候群。
X染色体が3本でXXXの場合は、トリプルX。
21番の染色体が3本ある場合は、ダウン症候群。



■再分極
電気的刺激の中で、心臓の筋肉がゆるんでいくポイントです。
この電気的刺激と心臓の筋肉の動きはあまり良く理解できてません(^^;;;
心電図ではT波と呼ばれる位置なのですが、なぜか+の波形として出ます。
マイナスとして波形に出る?のならわかるのですが。。。



■心臓震盪(しんぞうしんとう)
脳震盪(のうしんとう)は時々聞きますが、それの心臓版と考えていいでしょう。
外部からの刺激(衝撃)により心臓が止まることです。
ボールが当たったり、電気ショックなどでも起こるようです。
AED(除細動器)による救命措置が必要です。



ちょっとストーリィに無理があったよな気がします。
ADHDの薬は不明のままだし。。。
英語で聞けばわかる?

posted by satoshi at 08:25| Comment(0) | 医学・医療・健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。